10円ハゲは怖くない!円形脱毛症は皮膚科で治せる

通称10円ハゲともいわれる円形脱毛症は、自己免疫疾患などが原因で頭髪の一部だけ円形上に髪の毛が抜け落ちてしまう病気です。
「ハゲ」というと中高年男性のイメージが強く、抜けた毛は生えてこないのではないかと心配になる方も多いかと思いますが、円形脱毛症は老若男女問わず誰にでもできる可能性があるれっきとした病気であり、治療により改善することが可能です。
後頭部など自分では見つけにくい箇所に現れてしまうこともあり、また髪の長い女性は髪の毛に隠れてしまっている場合もあるため、円形脱毛症になっても気付かないという人も多く、円形脱毛症となっている箇所が少なかったり範囲がせまかったりすると知らない間に治っていることもあります。(美容院に行った際などに美容師さんに気付いてもらえることが多いです。)
しかし、症状が悪化していたり発症期間が長くなってしまうと治療が困難となってしまう場合もあります。
では、自分が円形脱毛症を発症してしまった場合、どうすればいいのでしょうか。
最も手軽な手段は「皮膚科」で治療してもらうことです。
2週間に1度の通院でステロイド系の注射を打ってもらいます。人によって効果には個人差がありますが、1週間もすれば産毛のような毛がすぐに生えだします。
また、内服薬や塗付け薬なども処方してもらえ、3か月もすれば患部が目立たなくなります。
そして日常では規則正しい生活、バランスの取れた食事を心がけましょう。
円形脱毛症はストレスやアレルギーなどが最も病気を誘発すると言われています。
病院へ行くと「ストレスを溜めないように」とアドバイスされるでしょう。
しかし、ストレスがある人ほどストレスを貯めこまない方法がわからず、このまま病気が治らないのではないかという不安からさらにストレスを感じてしまうかもしれません。
ですが円形脱毛症は難しい病気ではなく、誰でも起こりえて比較的容易に改善されるものなのであまり思いつめないようにしてください。